多くの若者が安心して留学できるインフラ作りを目指して

留学エージェントの存在意義は、正確な学校情報の提供による最適な学校選択へのお手伝いと、留学先での現地サポートの2点であると考えています。

日本の留学業界は20年前くらいから大きく発展してきましたが、それはなかなか入手できない海外の学校情報を高額の手配料とともに提供してきた歴史があります。

しかしインターネットによって、多くの学校の情報は入手できることができます。ですから20年前のように、学校の情報を知っているだけの理由で、留学生に何万円も請求する時代は終わりを迎えなければならないと思います。そして、残念ながらそのような日本の留学会社が知っている情報というのは、年に一回程度、日本を訪れる学校の営業担当者から聞く情報がほとんどなので、インターネットの情報よりも浅いものが多いのです。私たちは現地にいるので、頻繁にその学校に出かけたり話をしており、ネットには無い、今日の最新の学校の情報をご提供することができます。ですから、学校選択に関して聞いていたことと違ったなどのクレームは私たちにはありません。

また、留学先での生活サポートは、留学を成功させるために必須だと私たちは考えています。例えば、ワーキングホリデーや大学進学などの長期留学の場合、銀行口座の開設、在留届の提出、運転免許の取得、タックスファイルナンバーなどの取得など、誰かがサポートをしなくてはならないことが数多くあります。

また、留学中も進路を変えたいとか、さらに上のレベルを目指したいなどの相談は現地の会社でなくては対応できません。私たちのお客様の多くは、現地にきて私たちの存在を初めて知って訪ねてこられた留学生たちです。

その方たちが決まって言うのが、日本の留学会社では、現地に行けばなんとかなるなどと言われてきたがやはり相談できるところができて良かったということです。確かに現地に行けば、なんとか生活することは可能でしょう。しかし私たちのゴールはすべての留学生たちが当初描いていた夢や目標を達成することです。そのためにも、私たちは現地でのサポートの質というものにこだわり続けていきたいと考えています。